REL 3: どのようにワークロードサービスアーキテクチャを設計すればよいですか?

サービス指向アーキテクチャ (SOA) またはマイクロサービスアーキテクチャを使用して、拡張性と信頼性の高いワークロードを構築します。サービス指向アーキテクチャ (SOA) は、サービスインターフェイスを介してソフトウェアコンポーネントを再利用できるようにする方法です。マイクロサービスアーキテクチャは、その一歩先を行き、コンポーネントをさらに小さくシンプルにしています。

リソース

Amazon API Gateway: Configuring a REST API Using OpenAPI
Implementing Microservices on AWS
Microservices on AWS
Microservices - a definition of this new architectural term
Microservice Trade-Offs
Bounded Context (a central pattern in Domain-Driven Design)

ベストプラクティス:

改善計画

ワークロードをセグメント化する方法を選択する

  • ワークロードをセグメント化する方法に基づいてアーキテクチャタイプを選択する: サービス指向アーキテクチャ (SOA) またはマイクロサービスアーキテクチャ (場合によってはモノリシックアーキテクチャ) を選択します。
  • 特定のビジネスドメインと機能に重点を置いたサービスを構築する

  • ビジネスドメインとそれぞれの機能に基づいてワークロードを設計する: 特定の機能に焦点を当てることで、さまざまなサービスの信頼性要件を差別化し、より具体的に的を絞って投資することができます。簡潔なビジネス上の問題と各サービスに関連付けられた小さなチームにより、組織のスケーリングも容易になります。
  • サービスをできるだけ小さなコンポーネントに分解する: マイクロサービスアーキテクチャを使用すると、最小限の機能でワークロードをコンポーネントに分割し、全社的なスケーリングと俊敏性を実現できます。
  • API ごとにサービス契約を提供する

  • API ごとにサービス契約を提供する: サービス契約は、サービス統合に関するチーム間で文書化した合意で、機械で読み取ることができる API 定義、レート制限、パフォーマンスの期待値が含まれます。
    Amazon API Gateway: Configuring a REST API Using OpenAPI