レビュープロセス

アーキテクチャの評価は非難せずに掘り下げることができる一貫した方法で実施される必要があります。これは何日もかけずに数時間で終わる軽いプロセスである必要があります。話し合いであり、監査ではありません。アーキテクチャレビューの目的は、対策を必要とする重大な問題や改善可能な領域を特定することです。レビュー結果は、お客様のワークロードの扱いやすさを改善する対策です。

「アーキテクチャ」で説明したとおり、各チームメンバーがアーキテクチャの品質に責任を持つ必要があります。Well-Architected フレームワークに基づいてアーキテクチャを作成するチームメンバーは、形式ばったレビューミーティングを開催するよりも、アーキテクチャを継続してレビューすることが推奨されています。レビューを継続することで、チームメンバーはアーキテクチャの変化に応じて回答を更新したり、機能を提供しながらアーキテクチャを改善したりすることができます。

TRANSLATION REQUIRED

TRANSLATION REQUIRED

TRANSLATION REQUIRED

会議を進行するために次のアイテムをお勧めします。

レビューを完了すると、問題のリストが出来上がります。ビジネスの状況に応じてその優先順位を決めることができます。それらの課題がチームの日常業務に及ぼす影響を考慮する必要もあります。課題に早く対処することによって、繰り返す課題の解決にではなく、ビジネス価値の創造に費やす時間ができます。課題に対処しながらレビューを更新することで、アーキテクチャがどのように改善しているのかを知ることができます。

レビューの価値は 1 度やってみると明らかになるのですが、新しいチームが当初抵抗することがあります。レビューの利点をチームに知らせることで、次のような反論に対処できます。

組織内の他のチームと何度かレビューを実施すると、主題となる課題が見つかるかもしれません。例えば、特定の柱または主題に関して多くの課題を抱えているチームが複数あるかもしれません。すべてのレビューを総合的に検討し、それらの主題に関する課題に対処するのに役立つメカニズム、トレーニング、またはプリンシパルエンジニアリングの説明を見つける必要があります。