OPS 2: ビジネスの成果をサポートするために、組織をどのように構築しますか?

チームはビジネスの成果を達成するうえでの役割を理解する必要があります。チームは他のチームが成功するためのそれぞれの役割を理解し、自分たちのチームが成功するための他のチームの役割を理解し、目標を共有する必要があります。責任、所有権、意思決定方法、意思決定を行う権限を持つユーザーを理解することは、労力を集中的に投入し、チームの利点を最大化するのに役立ちます。

ベストプラクティス:

改善計画

特定された所有者がリソースについて存在している

  • 特定された所有者がリソースについて存在している: 環境内のリソースユースケースにおける所有権の意味を定義します。最小限の名前、連絡先情報、組織、チームなどでリソースの所有者を指定し、記録します。タグやリソースグループなどのメタデータを使用して、リソース所有権情報をリソースに保存します。AWS Organizations を使用してアカウントを構築し、ポリシーを実装して、所有権と連絡先情報が確実にキャプチャされるようにします。
  • プロセスと手順が所有者を特定

  • その定義に責任を有する所有者がプロセスと手順について存在している: 環境で使用されるプロセスと手順、およびその定義に責任を有する個人またはチームをキャプチャします。
  • パフォーマンスに責任を持つ所有者が運用アクティビティについて存在している

  • パフォーマンスに責任を持つ所有者が運用アクティビティについて存在している: 環境で使用されるプロセスと手順を実行する責任をキャプチャする
  • チームメンバーが自らの責任範囲を知る

  • チームメンバーに自らの役割と責任を確実に理解させる: チームメンバーの役割と責任を特定し、そのチームメンバーが自らの役割に期待されている事項を理解できるようにします。この情報を検出可能にして、組織のメンバーが、特定のニーズに合わせて連絡する必要があるチームまたは個人を特定できるようにします。
  • 責任と所有権を特定するためのメカニズムが存在する

  • 責任と所有権を特定するためのメカニズムが存在する: 組織のメンバーが所有権と責任を知り、特定するために、メンバーがアクセス可能なメカニズムを提供します。これにより、メンバーは、特定のニーズについて、連絡すべきチームまたは個人を特定できます。
  • 追加、変更、例外をリクエストするメカニズムが存在する

  • 追加、変更、例外をリクエストするメカニズムが存在する: 厳格な標準は、イノベーションの制約となります。組織のメンバーのために、ビジネスニーズをサポートするプロセス、手順、およびリソースの所有者にリクエストを行うメカニズムを提供します。
  • チーム間の責任は事前定義済みまたは交渉済み

  • チーム間の責任は事前定義済みまたは交渉済み: チームがやり取りする方法と、互いにサポートするために必要な情報を指定することで、リクエストが反復的にレビューおよび明確化されることに伴う遅延を最小限に抑えることができます。期待される事項 (応答時間や履行時間など) を定義する具体的な契約があることで、チームは効果的な計画とリソースを適切に作成することができます。