COST 5: サービスを選択するとき、どのようにコストを評価しますか?

Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon S3 は、基盤となる AWS のサービスです。Amazon RDS や Amazon DynamoDB などのマネージドサービスは、高レベルまたはアプリケーションレベルの AWS のサービスです。基盤となるサービスやマネージドサービスを適切に選択することで、このワークロードのコストを最適化できます。例えば、マネージドサービスを使用することで、管理や運用によって発生するオーバーヘッドを削減またはゼロにでき、アプリケーション開発やビジネス上の他の活動に注力できるようになります。

リソース

Cloud products
Amazon S3 storage classes
AWS Total Cost of Ownership (TCO) Calculator

ベストプラクティス:

改善計画

組織のコスト要件を特定する

  • 組織のコスト要件を特定する: 製品管理、アプリケーション所有者、開発および運用チーム、管理、財務など、組織のチームメンバーとミーティングを行います。このワークロードとそのコンポーネントに対して Well-Architected の柱を優先すると、柱が順番に表示されたリストが出力されます。また、それぞれに重み付けを追加することもできます。これにより、柱がどの程度余分に重点化されているか、2 つの柱間の重点度がどの程度類似しているかを把握するのに役立ちます。
  • このワークロードのすべてのコンポーネントを分析する

  • ワークロードコンポーネントをリスト化する : すべてのワークロードコンポーネントのリストを構築します。これは、各コンポーネントが分析されたことを確認するための検証として使用されます。費やされる労力は、組織の優先順位によって定義されたワークロードの重要性を反映している必要があります。リソースをグループ化すると、機能的に効率が向上します (たとえば、複数のデータベースがある場合は本番データベースストレージ)。
  • コンポーネントリストに優先順位を付ける : コンポーネントリストを取得して、労力をかける順で優先順位を付けます。これは通常、コンポーネントのコストが最も高価なものから最も安価なものへ、または組織の優先順位で定義されている重要度の順に並べられます。
  • 分析を実行する : リストの各コンポーネントについて、使用可能なオプションとサービスを確認し、組織の優先順位に最適なオプションを選択します。
  • 各コンポーネントの詳細な分析を実行する

  • 詳細な分析を実行する : コンポーネントリストを使用して、各コンポーネントを優先度が高いものから処理します。優先度がより高く、より多くのコストがかかるコンポーネントについては、追加の分析を実行し、利用可能なすべてのオプションとその長期的な影響を評価します。優先度の低いコンポーネントの場合、使用状況の変化によってコンポーネントの優先度が変更するかどうかを評価し、かける労力の適切性の分析を実行します。
  • コスト効率の高いライセンスを提供するソフトウェアを選択する

  • ライセンスオプションを分析する : 利用可能なソフトウェアのライセンス条項を確認します。必要な機能を備えたオープンソースバージョンを探し、ライセンスされたソフトウェアの利点がコストを上回っているかどうかを調べます。有利な条件は、それが提供するメリットに照らして、コストを正当化します。
  • ソフトウェアプロバイダを分析する : ベンダーからの料金またはライセンスの変更履歴を確認します。特定のベンダーのハードウェアまたはプラットフォームで実行することについての懲罰的な条件など、結果に見合わない変更を調べます。また、監査の実行方法や課される可能性のある違約金も調べます。
  • 組織の優先順位に従ってコストが最適化されるようにこのワークロードのコンポーネントを選択する

  • 各サービスを選択してコストを最適化する : 優先順位リストと分析を使用して、組織の優先順位に最も合致する各オプションを選択します。
  • 異なる使用量について経時的なコスト分析を実行する

  • 予測された使用パターンを定義する : マーケティングや製品所有者などの組織と協力して、ワークロードに対して期待および予測される使用パターンを文書化します。
  • 予測された使用状況に基づくコスト分析を実行する : 定義された使用パターンを使用して、これらの各ポイントで分析を実行します。分析作業は、潜在的な結果を反映する必要があります。たとえば、使用状況の変化が大きい場合は、コストと変更を確認するために詳細な分析を実行する必要があります。