COST 4: 不要なリソースをどのように削除しますか?

プロジェクトの開始から終了まで変更管理とリソース管理を実装します。これにより、使用されていないリソースをシャットダウンまたは終了して、無駄を減らします。

リソース

AWS Auto Scaling
AWS Trusted Advisor

ベストプラクティス:

改善計画

ライフタイム全体にわたってリソースを追跡する

  • タグ付けスキームを実装します。: リソースが属するワークロードを識別するタグ付けスキームを実装し、ワークロード内のすべてのリソースが適切にタグ付けされるようにします。
    AWS tagging strategies
  • ワークロードのスループットまたは出力モニタリングを実装します。: ワークロードのスループットのモニタリングまたはアラームを実装し、入力リクエストまたは出力の完了時にトリガーします。ワークロードのリクエストまたは出力がゼロになり、ワークロードのリソースが使用されなくなったことを示す通知を提供するように設定します。ワークロードが通常の条件下で定期的にゼロに低下する場合は、時間要因を組み込みます。
    Publishing Custom Metrics
  • 削除プロセスを実装する

  • 削除プロセスを作成して実装します。: ワークロードの開発者や所有者と協力して、ワークロードとそのリソースの削除プロセスを構築します。このプロセスでは、ワークロードが使用中であるかどうか、および各ワークロードリソースが使用中であるかどうかを確認する方法を採り入れる必要があります。このプロセスでは、リソースを削除するために必要なステップも採り入れ、サービスから削除すると同時に、規制要件の遵守を確保します。ライセンスやアタッチされたストレージなど、関連するリソースも対象となります。最後に、削除プロセスが実行されたことをワークロードの所有者に通知します。
  • リソースを削除する

  • リソースを削除する: 削除プロセスを使用して、孤立したと識別された各リソースを削除します。
  • 自動的にリソースを削除する

  • AWS Auto Scaling を実装する : サポートされているリソースについては、AWS Auto Scaling で設定します。
    Getting Started with Amazon EC2 Auto Scaling
  • インスタンスを終了するように CloudWatch を設定する : インスタンスは、CloudWatch アラームを使用して終了するように設定できます。削除プロセスのメトリクスを使用して、EC2 アクションでアラームを実装します。ロールアウトする前に、本番稼働用以外の環境でオペレーションを検証します。
    Create Alarms to Stop, Terminate, Reboot, or Recover an Instance
  • ワークロード内にコードを実装する : AWS SDK または AWS CLI を使用して、ワークロードリソースを削除できます。AWS と統合されるアプリケーション内にコードを実装し、使用されなくなったリソースを終了または削除します。