フレームワークの 5 本の柱

ソフトウェアシステムの作成はビルの建設に似ています。基礎がしっかりしていなければ、ビルの健全性や機能を損なう構造の問題が発生することがあります。技術ソリューションを設計する場合、運用性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化の 5 本の柱を疎かにすると、意図したとおりに要件に従って稼働するシステムの構築が難しくなるでしょう。これらの柱をアーキテクチャに組み込むことで、安定した効率的なシステムを作成することができます。こうすることで、要求される機能など設計の他の要素に集中できます。