定義

AWS のエキスパートは、⽇々、お客様がクラウド上でベストプラクティスの利点を活かせるようなシステムを構築できるようにお手伝いしています。私たちは、設計が進化するにつれて発生するアーキテクチャとのトレードオフをお客様とともに考えてきました。お客様がライブ環境にシステムをデプロイするたびに、当社はそのシステムの実際のパフォーマンスやトレードオフの結果を学びます。

当社は学んできたことに基づいて、AWS Well-Architected フレームワークを確立しました。このフレームワークには、お客様とパートナーがアーキテクチャを評価するための一貫したベストプラクティスや、アーキテクチャが AWS のベストプラクティスにどれだけ準拠しているのかを評価するための質問集が含まれています。

AWS Well-Architected フレームワークは、運⽤性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化という 5 本の柱を基本としています。

AWS Well-Architected フレームワークの柱

名前 説明
運用上の優秀性 開発をサポートし、ワークロードを効率的に実行し、運用に関する洞察を得て、ビジネス価値をもたらすためのサポートプロセスと手順を継続的に改善する能力。
セキュリティ このセキュリティの柱では、データ、システム、資産を保護して、クラウドテクノロジーを活用し、セキュリティを向上させる機能について説明します。
信頼性 期待されるタイミングで、意図した機能を正確かつ一貫して実行するワークロードの能力。これには、そのライフサイクル全体を通じてワークロードを運用およびテストする機能が含まれます。
パフォーマンス効率 システムの要件を満たすためにコンピューティングリソースを効率的に使用し、要求の変化とテクノロジーの進化に対してもその効率性を維持する能力。
コスト最適化 最も低い価格でシステムを運用してビジネス価値を実現する能力

AWS Well-Architected フレームワークでは、以下の用語を使用します。

ワークロードを設計するときには、ビジネスの状況に応じて 5 本の柱の間でトレードオフを行います。これらのビジネス上の決定は、エンジニアリング面での優先事項を推進させることができます。開発環境では信頼性を犠牲にすることでコストを削減するという最適化を⾏う場合や、ミッションクリティカルなソリューションでは、信頼性を最適化するためにコストをかける場合などがあります。e コマースソリューションでは、パフォーマンスが収益と顧客の購買傾向に影響することがあります。セキュリティと運用性は、通常、他の柱とトレードオフされることはありません。