まとめ

AWS Well-Architected フレームワークの目的は、効率が良く、費用対効果が⾼く、安全で信頼のおけるクラウド対応システムを設計して運⽤するための 5 本柱のアーキテクチャに関するベストプラクティスを提供することです。このフレームワークには、既存のアーキテクチャまたは提案されているアーキテクチャをレビューするための質問が用意されています。それぞれの柱に関する AWS のベストプラクティスもあります。このフレームワークをアーキテクチャに適用し、安定した効率のよいシステムを構築することにより、機能面の要件に注力できます。